パパHACK

理科系でバイリンガルな息子に育てたい。レゴ、ピグマリオン、ワールドワイドキッズ、CTP、ORTで知育教育。

どきどきした気持ちも変わる(5歳)

今週のお題「秋の空気」

いよいよ運動会前日になりました。
3メートルの登り棒を登る競技にチャレンジしている息子。

 

 

www.papatech.net

 

昨日何とか登れたと書きましたが、実は正式には登れていなかったのです。一番上に手が届いただけ。これを登ったとしてよいか、クラス全員で話し合ったそうです。1人を除いて、登ったことにしてよいと言ってくれたそうです。


しかし、1人だけは、登っていないと言いました。その子も最近まで登れず、ずっと練習してやっと登ることができたのです。だから、ちゃんと登れるまで認められないということでした。

その子の練習を頑張った気持ちがあるから、その子の言いたいことも痛いほどわかります。特に、息子は熱心に練習していなかったと映っていたかもしれません。

幼稚園では年少から子供たちの話し合いでなんでも決めます。昨日は先生がリードして登ったことにしてくれたそうです。

 

息子「〇〇くんだけ、認めてくれなかった。」

父「〇〇くんは、ものすごく頑張ったから、ちゃんと登って欲しいと思ったんじゃない?、人の考えは色々だもの。みんな違っているもの。」

息子「そうだね・・・」

 

雨で順延になったので、今日も幼稚園に登園でした。

父「ラッキーなことに今日も練習できるよ!ちゃんと登って、〇〇くんに認めてもらうんだ!!」

息子「僕、登る!!」

そう言って、息子は幼稚園に出かけていきました。

 

幼稚園から帰ってくると、息子は「僕、2回連続で一番上まで登れたよ!!」と言いました。

息子「みんなが頑張れという応援してくれたことが力になるということが解った。」

「どきどきした気持ちも変わる。僕、登れると信じていたんだ。」

 

 

 

 

 

 

 

 

年中さんがはんとう棒(登り棒)を登った

運動会では、年中さんは、高さ3メートルのはんとう棒を登るという種目がある。

幼稚園では夏休みが明けた9月から徐々に練習を始めていた。

得意な子はすぐに登ることができる。特に上の兄姉がいると、登りやすい。中には、レスリングを習っていて、ロープを毎日登っているという猛者もいた。

このような競技は、息子は最初の方にはできない。おそらく、半分ぐらいのお友達ができるようになったら、息子もできるようになるのだろうと思っていた。

 

しかし、いつまで経ってもできたという話は聞かなかった。当たり前である。息子は練習を殆どしないで、既に登れるようになったお友達と遊んでいたのである。

それでも、幼稚園から、自宅では練習しないで、幼稚園でお友達と一緒に登れるようになった感動を体験させて欲しいので見守っていてと言われていた。

 

10月になっても、登ったという話は聞かなかった。そして、息子から登れないのは自分一人だけになったという話を聞いた。

練習はさせてはいけないので、息子と対話をすることにした。

 

父「練習をする時間がいっぱいあったのに練習しなかったの?」

息子「お友達と遊んじゃった」

父「これから練習を一杯する必要があるんじゃない?」

息子「僕、死ぬほど頑張る!!」

父「頑張るんだ!!」

 

翌日、息子は担任の先生に「僕、死ぬほど頑張る!!」と宣言したのはよいものの、何回か挑戦していると、お友達が遊び始めたので、一緒に遊び始めたそうだ。

 

運動会まで2週間を切った。物で吊ってみることにした。

父「じいじが、登れたら、家康辞典と信長辞典を買ってくれるって!!」

息子「僕、死ぬほど頑張る!!」

父「頑張るんだ!」

しかし、登れなかった。お友達と遊ぶのが楽しいらしい。

 

とうとう1週間を切ってしまった。

いけないと解っていたのだが、怒ってしまった。

父「登りたいという気持ちがないんだよ!!」

 「かっこわるい」

息子は悄気ながらも、健気に僕頑張る!!と泣いてしまった。

 

父「お父さんが悪かった。頑張るなんて言っても、何を頑張ればよいのかわからないよな。」

息子「うん、うん」

父「100回チャレンジするとか、具体的な目標を決めたらどうかな?」

息子「僕50回チャレンジする!!」

父「それに50回チャレンジするには時間が必要だから、幼稚園バスではなく、お父さんと行ってみるか?」

息子「うん!」

 

私と息子は幼稚園に早く出かけた。門のところで別れ際に、息子に尋ねた。

「今日の行動を確認しよう」

息子「50回登る」

 

しかし、息子は、お友達が来たら遊んでしまったらしい。まだ登れていない。

息子「怒らないで聞いてね。あのね50回できなかったの」

父「どうして50回しなかったの」

息子「お友達が折り紙の手裏剣を持ってきて、手裏剣欲しい?と聞かれたから欲しいと言っちゃったの。それで折り紙で遊んでいたら、あっ忘れたと思って、はんとう棒を登りだしたけど、時間が無くなったんだ。」

父「そうだったんだ。」

 

はんとう棒は、グループ分けされていて、グループの達成状況が紙に張り出されている。グループの子が全員できると、白い花を付けてもらえる。

 

父「君だけができないと、グループの子達はどんな気持ちなんだろう」

息子「がっかりする」

父「グループのお友達のことを考えて、登るというのはどうだろう?」

息子「みんなのために登る!!」

父「いやいや、自分のために登るんだよ。でも、みんなが応援してくれていることを想いだすんだ!」

息子は泣き出した。「僕、僕のグループだけ白い花が貰えないのを年少さんやお父さんお母さんに見られるのが恥ずかしいから嫌なんだ」

父「じゃあ、登れないと思ったときに、みんなのために頑張ると思って登ってみたらどうかな?明日も早く行こう」

息子「うん!」

 

運動会の前日、折角早く行ったのに、息子はやっぱり遊んでしまったらしい。

しかし、最後まで自力で登れた。

息子「登れないと思ったけど、みんなのために頑張る!と思ったら力だ出たんだ」

先生からお友達が息子が登れたことを喜んで泣いたということだ。

息子「僕も泣いていたから、解らなくなった」

 

息子を抱き上げると、「やったなあ。明日はお母さんに内緒でプリン食べような」と言って、スリスリし続けた。

 

幸運なことに運動会は雨のせいで日曜日に順延になった。ということは土曜日もう一度練習するチャンスがあるということだ。

息子と朝早く幼稚園に行って練習してこよう。

 

 

 

 

 

ピグマリオン第3グレード18回~22回

百桁までの数の足し算の導入は今日で終了して、第3グレードも中盤戦に差し掛かりました。
文章題のようなものが出てきましたが、息子は文章題の方が好きなようです。


まだまだ瞬時に答えが出るような感じではありません十の桁を足し算して一の位を足し算して、ということをやって答えを出しているようです。そのため間違いもあります。集中力が切れると、繰り上がりを忘れたり、一の位の数字を忘れたりするような感じです。

苦手な点描写もようやく真剣に取り組んでくれるようになってきました。第2グレードでついてきていた家庭学習用プリントを使っていませんでしたが、ここで大量投入すると、書けるようになりました。指導にある全体を見るということが少し分かって来たようです。

折り紙は、手本を見せると、後を追っかけてきて作れるようになりました。ピグマリオンの折図は不親切です。私の友人に折り紙の世界の巨匠のアトリエで働いている人が沢山いるので、助言をもらったりしていました。しかし、なんといっても、幼稚園でお友達が紙飛行機を折って遠くに飛ばすのを目の当たりにした方がよっぽどためになるようです。

ひももよう好きではないようであまりやらないので、機会をとらえてトライさせてみたいです。

このように、息子の能力は凸凹ですが、小学校受験するわけでもないので焦らずに、じっくり取り組んでいきたいです。

息子にとっては、算数のことよりも、戦国武将や城の本を読むことの方が重要なのです。一日中、武将のことばかりしゃべっています。武将ブームいつまで続くか。

武将にはまって歴史好きになる

武将ブームが続いている息子。

 

息子の朝の質問

「信長の小さい頃の名前は何?」

「どうして、斎藤道三と斎藤龍興が戦ったの?」

「厳島の戦いで毛利と戦ったのは誰だっけ?」

「熊本城を作ったのは誰?」

「山県有朋と山県昌景は同じうちの人?」

「平将門はどうしてやっつけられたの?」

 

息子が聞いてくるたびにヒヤリとしている。薄れゆく日本史の知識で何とか答えられていた父もびっくりな進歩ぶりだ。

 

息子を歴史マニアにしてしまった憎いヤツは、この本だ。

 

ビジュアル図鑑 日本の歴史

ビジュアル図鑑 日本の歴史

 

 

超ビジュアル! 日本の合戦大事典

超ビジュアル! 日本の合戦大事典

 

 

超ビジュアル!  戦国武将大事典

超ビジュアル! 戦国武将大事典

 

この3冊を朝起きると、幼稚園の支度もせずに読み込み始める。一度読み始めると、驚異の集中力で何も聞こえなくなり、父母の怒り声も無視。

そうして、疑問をぶつけてくる。「〇〇教えて~」と言いながら、自分の知っていることをお父さんに話してもらいたいだけのこともあるから始末が悪い。適当なことや間違ったことを言うと、「違う~」と言われるのだ。

 

お父さんは、教科書だけでは足りないと思って慌てて購入したよ。二人で歴史マニアになろう。

山川 詳説日本史図録 第7版: 日B309準拠

山川 詳説日本史図録 第7版: 日B309準拠

 
詳説日本史研究

詳説日本史研究

 

 

自分で発見する能力ということ

息子のなりたい職業はお寿司屋さんです。理由は子どもらしく、お寿司がいっぱい食べられるから。
でも、「お寿司屋さんは、朝早くに起きてお魚を買いに行くから、明日から早起きして幼稚園に行く準備を早くしよう」と言うと、「お寿司屋さん、やーめた。」という返事が返ってきます。

息子「お母さん~、僕お寿司の作り方知ってるよ~」

息子「まず三角おにぎりを作るでしょ。」

息子「上の三角をチョンと切って台形を作るでしょ。」

息子「台形の横の2つの三角を切るでしょ。」

息子「すると、長方形になるから、そこにお刺身を乗せるとお寿司になる!」

 

私は、びっくりして「やくしまるえつこと蛍は同一人物じゃない!」と叫びそうになる心を抑えた。明らかに動揺している。

 

息子が前に幼稚園でやった実験のことを思い出した。正三角形を3つ横に並べると台形になり、その上に正三角形を乗せると、大きい正三角形になるという実験のことだ。

 

www.papatech.net

 そうそう、こういう能力が必要だと思う。息子はたまにしか出てこないけど、自分で発見して解決する能力が一番重要なんじゃないかな?

私は、息子を抱き上げてそのまま息子と公園に出かけて1日中自転車に乗って遊んでいた。

 

5歳の年中児が補助輪なしの自転車に乗れた

令和元年5月18日午前11時頃、息子が自転車に乗れるようになりました!

 

最初は恐る恐る漕いでは止まり、漕いでは止まりを繰り返して、乗れるようになってから2時間ではスピードを出して乗れるようにまでなりました。

 

補助輪なし自転車の練習を始めてから、1回1時間の練習が4日間、4時間で乗れるようになりました。30分で乗れるというまではいきませんでしたが、早く乗れるようになったと思います。

 

過去3回の練習では、自信がなさそうで乗れる気配がありませんでしたが、今日はやる気に満ちていて、自転車乗るぞ!という気合いが伝わってきました。

 

乗れるようになってからは、気合いの入ったりりしい顔でお兄ちゃんの顔になっていました。

 

補助輪なしの自転車に乗れるのではないか?と考えて、補助輪なしの自転車を考えて悩んでいたのが前回の記事。

 

結局、購入したのはサイクルベースあさひのファストライドでした。

ファストライドを購入したポイント

  • 8.9キロと軽いので、非力な年中児でも自力で漕げる。倒れても自力で起こせる。
  • サドル位置が低く設定されているので、両足を付けられる安心感がある。
  • ハンドル・サドルを高く設定もできるので、小学校入学しばらくまで使える。
  • 泥よけが最初から付いている。
  • 価格が安かった。
  • サイクルベースあさひの製品なので、何かあった時、修理や相談しやすそう。

バランスバイクから自転車を購入する前に気をつけた方がよいこと

ファストライドを購入する前は、バランスバイクの雄、ストライダーに乗っていました。

ストライダーはバランス感覚を養うのに本当にオススメです。息子が自転車にすぐに乗れるようになったのは、ストライダーのおかげです。自転車に乗るまではこれで十分なぐらいです。

 

しかし、息子は三輪車に乗らずにいきなりストライダーに乗りました。すると、ペダルを漕ぐという動作を全くしていなかったので、自転車に乗ろうとしてペダルを漕ぐときになっても、どういう動作なのかが解らないようでした。ストライダーで鍛えられたバランス感覚で、足で蹴って動かすということを何度も繰り返していたのです。

 

三輪車に乗っておらず、ストライダーしか乗っていない子は、ペダルを漕ぐ練習をした方が自転車にスムースに乗れるようになるのではないかと思います。

 

また、3〜4歳ぐらいから補助輪なしの自転車に乗らせようと考えているのであれば、ストライダーを購入すべきではありません。へんしんバイクかディーバイクマスター12を購入すべきでしょう。

ストライダーから同じサイズの12インチの自転車を購入しようと思うと、ディーバイクマスター12か、へんしんバイクを購入することになり、無駄になるからです。

へんしんバイクやディーバイクマスター12はバランスバイクに後からペダルをつけることができる優れものです。バランスバイクでバランス感覚ができたなら、すぐにペダルを取り付けて自転車の訓練をはじめることができるからです。

忍者ショーのおかげで歴史好きの子供になった

突然、息子から「お父さんの好きな戦いはなに?」と聞かれた。

衝撃を受けた。「好きな武将は何?」なら、「織田信長!」「真田幸村!」「島津義弘」と準備はできている。しかし、動揺したのは、いきなり好きな戦いのことを聞かれたからである。

 

息子は、もともとニンジャゴーが好きなので、忍者に興味があった。昨秋に行った名古屋城で見た忍者ショーで歴史が好きになってきた。

GW前に京都の映画村に行って、忍者ショーを見たところから、歴史好きが加速した。秀頼を守る猿飛佐助と服部半蔵をテーマにしたショーだった。

 

私が「うーん、大坂冬の陣、夏の陣かなあ?」と答えると、「大阪冬の陣、夏の陣のお話しして〜」という返事が返ってきた。

私が簡単に話をすると、息子が「大阪冬の陣、夏の陣の詳しいお話して!」と言われた。しょうが無く、関ヶ原からの流れを説明した。真田幸村には真田十勇士がおり、その中の一人が猿飛佐助だ!等と虚実を交えて、ショーと矛盾しないように話をしたのであった。

 

それから連日、日本の歴史図鑑をめくっては、「長篠の戦いの詳しいお話して〜!」、「関ヶ原の戦いの詳しいお話をして〜!」とねだるようになった。

 

ビジュアル図鑑 日本の歴史

ビジュアル図鑑 日本の歴史

 

 我が家で使っている歴史の図鑑です。写真や図解が豊富なので、年中さんでも理解できそうなイメージで買ってみました。

 

連日の息子の質問に答えるべく、お父さんは、高校の時の歴史の教科書を取り出してきたよ。